人気ブログランキング |

絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

外国人を知らないのだろう

c0206767_19331211.jpg結果的に祖母が残してくれた、
大正〜昭和期の楽譜やパンフレット。
中学の頃もよくいい資料にさせてもらったが、
久しぶりにガサゴソとひっぱりだして見た。

日本語はおもしろい。
いろいろな書体が組み合わさって、
この時代のはやる気持ちが伝わってくる。
時代が変わってゆく様を目の当たりにしていく人と
そうでない人の差は大きかっただろう。

みていくと、山田耕作の楽譜が格別に立派だ。
押しも押されぬスターだったことが伺い知れる。

これは歌劇のパンフ。
皇帝のような衣装を着た人はどうみても
近所に居る、はげちゃびんのオッサンだ。
指に唾をつけて紙をめくる公民館の受け付け事務員だ。
きっと外国人を見た事がない人が描いたのだろう。

いや、もしかして、大喜歌劇とは、
吉本新喜劇みたいなものだったのだろうか?

先人たちのパワーは計り知れない。尊敬と感謝を。
by ku_blog | 2011-03-23 19:37