人気ブログランキング |

絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

和 対 洋

c0206767_2224434.jpg


私は洋より、なにしろ和が好きだ。なにやら気づいたときには図書館で借りるものは
またか、というほど工芸・職人ものばかりだった。ふるえてふるえてふるえたけれど、
ひとつにしぼりきれない自分は「弟子入り」というものへのふんぎりがなくー。

先日、目黒へ行ったので、庭園美術館で開催中の「香水瓶の世界」展をみてきた。
古代から現代までの美しい瓶たちです。う。写真がきついですね。
私には、その形の美しさ・おもしろさはもちろんなのだが、一緒にいる「書体や柄」に、より惹かれる。
香水瓶が入っていたその箱。とか、ラベルだとか。ああいうの、作りたい!
どうやったら、みんなに手にとってもらえるかを考えてしまうのかもしれない。
それで図録を買うのだがー、それについては扱いがちっちゃいので
(主役である瓶に関しても、写真ではその良さが失われるので)
ほんとうにもったいない気分!でも参考になるので購入しちゃうわけだ・・・。

その次の日、友人N子が見に行った「鍋島」展の図録を見せてもらった。
あ〜〜、すばらしい!!やっぱり和はいいなあ!!(もちろん人の好みです!)
和には、書にしてもなんにしても、余白の美がある・・・・そして構図が心憎いのでーす!
洋 の美をみたときとの違いは、ズバリ「ため息まじり」。 ソコカイッ と聞こえてきそうだけど。。

そう、考えられない発想力に、なんなんですか、と、「ため息」がでるのです。
和 の美・おもしろさには「ため息」がつくんです。こんなのありか? と。
今までどれだけのため息をついてきたことか。はあーー!あーー
CO2を増やしているのは私かもしれない。
by ku_blog | 2010-10-13 23:01