絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

見つめる鯛

そんなささげな眼でみないでおくれよ  えーん

c0206767_051415.jpg


がぶり。
[PR]
by ku_blog | 2016-01-30 00:55 | 食べた

移転&イベントご案内カード

マーダーポーレンのアトリエ移転&1月の展示イベントをまとめた”ごあいさつDM”を作らせていただきました。

今回はハガキサイズ。いつしか描かせていただいた「紅子ちゃん」を再び登場させました。

c0206767_13284710.jpg


今度は東京駅、丸の内南口改札ドーム内にある、キオスクサイズの「松屋」さんでとのこと。(ご存知ですか?!)
それを聞き、昨年初めて南口ドームへ確認しに行きました。あった!失礼ながら気づかないかも…!

山本さん、こちらをまた素敵に様変わりさせてしまうんだろうなあ!楽しみです。

DMは、ドームに合わせ、それとなく色や形状を取り入れました。


****************************************************************************************
マーダーポーレン『100個の小物展』@松屋 東京丸ノ内店
2016年1月27日(水)〜2月9日(火)
[PR]
by ku_blog | 2016-01-20 13:30 | お仕事

猿のお山の種明かし

さて、お送りしました2016お年賀。 袋から出していただくとわかると思いますが、種明かしです。

紅色の猿親子が登っている三角お山。これは折り紙用紙で、紅色猿の裏の模様。

この面をオモテに同じように折ると、さらにかわいい猿親子になるようデザインしてあります。

c0206767_13553454.jpg


それがこちら。 じゃん。 (耳を折り上げるの忘れました、、、)

c0206767_13422592.jpg


折り紙熱が上がった昨年、YouTubeで折り方を見つけ、感動したのがきっかけ。今回のお年賀としてまとめました。

台紙に”参考URL”を記しておきましたが、面倒ですよね、

というわけで、折り順の写真を並べます。 はしゃいで折ってくれる大人達が増えてくれたら嬉しなー。


     *大きい扇形が親猿の顔部分になります。

c0206767_13515739.jpg
c0206767_13521197.jpg


最後、耳を折りあげて完成。 ぜひ作ってみてくださいね。



実はこの模様、バナナの葉をイメージして描きました。 気づいた方、いるかな?
[PR]
by ku_blog | 2016-01-19 14:03 | お仕事

お年賀届きましたでしょうか

お送りしました、今年の申年お年賀

もし、「届いていない、送って欲しい〜」というお方がいらっしゃいましたら、
もう少し数がありますので、どうかお知らせくださいませ。

今年はこんなかんじ。お山に登る猿の親子をPP袋に入れてお送りしました。
ユーチューブで見つけた、「折り紙の親子猿」。これをひとつひとつ、ひたすら折り続けました。修行です!
もちろんイラストはこのために手描きで用意。お山は紅色お猿の裏の模様なのです。

c0206767_1617827.jpg


台紙の裏側は黄色系でまとめました。ところで、お山をはずすと中に文章やメッセージが書いてありますので、
どうか届いたままにせず、袋から出してくださいね〜〜!

c0206767_16172895.jpg



今年もどうぞよろしくお願いいたします。   レッツ折り紙!
[PR]
by ku_blog | 2016-01-17 16:21 | お仕事

2016年もよろしくお願い致します

年明け、湯たんぽも要らぬ、なんだかあったかい正月です。

年賀状をくださった方々ありがとうございました。こちらから遅れていてごめんなさい、もうしばらくで届きます!


そんな中、さっそく行ってきました「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」(松屋銀座にて1月18日まで)。
昨年10月、池田さんはご逝去され、追悼展示となってしまいましたが、
今回もとてもとても粋で洒落た着物のコーディネートが楽しめる展示会でした!
初めて見に行ったのが20年くらい前、というのに月日の早さを感じます…。
当時、帰ってからも図録をずうっと眺めていたなあ。
今も同様に、その洒落心にしびれてしびれて、、、、あたりが強い。最後のほうにはもうケプケプでした。

こちらはそのひとつ。「着道楽の松の内」というコーディネートの帯の部分。

c0206767_1345111.jpg


黒の帯にはウラジロと紙垂の刺繍、そこに木彫の帯留め「獅子舞頭」をもってくる合わせ技!
そもそもこの図案、意匠があることに興奮です。コレクションの多くは明治大正昭和前期の職人の技。
昔の人は凄いよ。はあ〜、私もこんな素晴らしいアイテムから選び合わせてみたいものです。

受け継がれるべき日本の洒落心、遊び心。やる気スイッチにこの胸も高鳴る1枚のポストカードを飾ろう。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ku_blog | 2016-01-05 13:53 | 行った観た