絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

<   2013年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

百日紅の果実をわってみた

c0206767_1121760.jpgへえ!


百日紅の種
カエデの種と
同じような
くるくるくるーって、
落ちるタイプだった


一緒に、ほそーい
小さな芋虫もでてきた


お湯につけて
ふっくらさせたら
芽吹くかな?
[PR]
by ku_blog | 2013-10-31 11:23 | 生きもの

植木屋さん 3

c0206767_18303750.jpg植木屋さんとの雑談中、気になって聞き返した言葉がある。
カエルマ、、、パ、、
今何やら呪文のような言葉を…なんとおっしゃいました?

カ エ ル マ タ ノ ミ ッ パ ズ カ シ

何ですか?それ。

若い子が、知らないのに聞き返さずごまかしてしまった技術だ。
モチノキなど枝を剪定する際に、
股にわかれた枝は二股に残し、その先は葉を3枚残して切る。
3枚も残せば、そのどこからかは、枝がのびてくれる。
これを繰り返すことにより木に形ができる。
これを「蛙又の、三葉梳かし」と呼ぶ。

なるほど気に入った!秘技、カエルマタノミッパズカシ!

この話をしている植木屋さんはキラキラ輝いて
それはそれは詳しく教えてくれた。
時間があれば、いつまでも話してくれそうだった。

お代はネット注文とそうかわらず。なのに素晴らしい仕上がり。
私も個人で仕事をしている身だけに、
本当によろしいのですか…?助かります(涙)、というお値段。
お孫さんもいらっしゃるので、お菓子もさしあげると、
嬉しそうに、「ちょくちょく外から見ておきますね」
ニコニコお帰りになった。

こういう時間ていいな。
うーむ、ある程度の圏内地域をいくつかつくって、
それぞれができることし合い、
笑顔で暮らすことはできないものか。
効率主義はとりはらう。理想…。
定住するには、良地、難地、あるからね。
とにかく呪文をとなえるか。

カエルマタノミッパズカシ
カエルマタノミッパズカシ
カエルマタノミッパズカシー!!
[PR]
by ku_blog | 2013-10-29 18:32 | 生きもの

植木屋さん 2

c0206767_1821540.jpg直植えが完了して、
剪定した枝などで散らかった周囲を掃除してくれる間、
植木についての話をもちかけると、もうお話は止まらない。

ネットの世の中、
やっぱり目で見て選ばないといけないものもある。
木は形のあるものが少なくなったし、実際見ないとわからない。
とにかく今は庭、屋敷がないからね、しかたないんだよ。
若い子も覚えようとしない、
できると言うからまかせてみれば、木の上で困っている、
で、知らないから適当に切る、形はなくなる。
だいいち、園芸学校でも先生が知らないんだろうね。
例えばつつじやさつきを名古屋のほうから持ってきたら、
土が違うんだ、東京のような黒い土ではなくて粘土質、
昔からそういうものは根から土を落として植えるって
教わっているんだ、でも今は知らずにそのまま植えてしまって、
3年もすれば異質な土の際が固まって根がやられて枯れちゃう。
横で何気なく見本をやってみせていても、
見ようとしないもんね、早くすませようとするんだ、
今はてっとりばやく綺麗に見える植物を植えるだけ。
松の木を能舞台の松のような姿にできるようになるには
やっぱり10年はかかるんだよ、
といっても屋敷もないからね、需要がないんだから、
技術を伝える人もなし、
つまらないよぉ。

ニコニコキラキラしていた植木屋さんは、しょんぼりしていた。
屋敷かあ…。
たとえ狭くとも「一家に1本は木を植えるべし法案」を
勝手にとなえる私にも残念な姿だ。
建売住宅の駐車スペース、まずは庭にしようよ。

先日、建売中の「どう?いいでしょこのおしゃれな洋風の家」
が立ち並ぶ前を通る際、あ~あ…悲しいな、思っていると、
向こうから歩いてきたお髭のじいさんが立ち止まった。ん?
すれ違い際に「サイテーだな。」と聞こえた時は思わず笑ってしまった。
じいさんサイコーです。
[PR]
by ku_blog | 2013-10-29 18:26 | 生きもの

植木屋さん 1

c0206767_18182282.jpgサルスベリがやって来た。
近所の植木屋さん(おそらく70歳前後)へ頼んで数ヶ月、
小さくても幹の曲がりのよい1本を見つけてきてくれた。
ネットで探したらおそらく
ひょろりと味わいに欠けたまっすぐの木になるところ。
しかも植えるのは自分たち。
内側から見ても姿よし、
花が咲いた時は歩行者側からも楽しめる位置。
植木屋さんはいろいろな向きに回してみてくれるし
アドバイスもしてくれる。
声に響きがあって話好き。ニコニコキラキラ
なにしろこういう人は「目」の輝きが違う。
いい顔をするんだな。
ウソをつく人の顔をテレビで見てごらんよ、
とくに歳をとると顔ににじみでるように思う。
植物愛の感じられる植木屋さんが近くにいてくれてよかった。

幹を守る藁。根に巻く麻布。ックゥーーーッ!!!
むかしっから、どうしたって、もえポイントなのだ。
百日紅。植木屋さんはヒャクジッコウって言ってたか、な。
[PR]
by ku_blog | 2013-10-29 18:18 | 生きもの

名刺デザインさせていただきました。

c0206767_18303230.jpg

個人ですが頼んでもいいですか?って、もちろんです!

まずはお話をおうかがいして、イメージをすりあわせ、納得いただいたら始めます。時間は、ある程度かかります。

今回は、新しくお仕事を開始される、スミレや鳥が好きなお方。

パーソナルフラワーセラピー 本間美香さま のお名刺制作。

マッサージや香りで女性を癒します。

この他、オリジナルのボトルシールや、リーフレットも作らせていただきました。

新たな門出のお役にたてたら嬉しいです!
[PR]
by ku_blog | 2013-10-28 18:36 | お仕事

某特派員ビルレストランバーにて

c0206767_1654311.jpg見るからにただものではない。



ソフトアフロにお髭の
初老のおじさま。いや、初老でもないか。

日本人です。

ヒゲアフロは、私の昔からの憧れ。
実際にいらっしゃるんだなあ。
目が離せん。


独特な雰囲気の空間。
[PR]
by ku_blog | 2013-10-25 16:08 | 行った観た

大手町にて

c0206767_1815471.jpg地下鉄ホームで二度見。

ちっさい能面をニット帽の上から
ビシーッ!と巻き付けたおっちゃん。
なになになに?!
そんなアイデア見たことない!!!
斬新!!!

KIOSKでチョコレート買おうとしてたのかな。
かっこええ・・・・
気もよさそうだし、
話しかければよかったと数秒後に悔やみ、
乗り換えてすぐメモした。


この辺では知れた方なんだろか?
どなたですかー
愛すべきおっちゃん。
[PR]
by ku_blog | 2013-10-23 18:17 | 行った観た

水彩も楽し

c0206767_1262411.jpgカバーイラスト
鉛筆や、水彩絵の具で モノクロ仕上げ。

最近、水彩画もまた楽し。




楕円定規、久しぶりにひっぱりだしました。

ファスナーのついた、皮だか合皮だかの
専用ケースに、たくさんの度数の楕円定規が
入っています。学生時に買わされたもの。
まさか、今使うとは!









『科学するブッダ 犀の角たち』
 佐々木 閖
 角川ソフィア文庫
[PR]
by ku_blog | 2013-10-22 12:10 | お仕事

ネコタモリに

マイルッス  ひえぇ

c0206767_12205473.jpg

[PR]
by ku_blog | 2013-10-20 12:41

タイノエストラップ

友人さいちゃん渾身の力作タイノエストラップもらいました! ありがとう!

タイエノ夫婦だそうです。 すごい! 型取りのラッカー仕上げ!

鯛の舌を腐らせてから、鯛の舌になりきって住み着く、タイノエ。
鯛の口をパカーッ!と開くと、何くわぬ顔して暮らしています。 「え…?舌ですけど何か?」

私はまだ会ったことないです。 詳しくは、さいちゃんまで!

c0206767_16295841.jpg


私のケータイには、束子とタイノエ夫婦がついています。
[PR]
by ku_blog | 2013-10-18 16:35 | スバラシイ