絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そういえば、今日の月はブルームーンだった。

図書館からの帰り道。

あたりはもう仄暗い。

夜か。いや、まだ夕方かな…

暑くも涼しくもないぬるい風がとぎれなく吹いている。

夏なのか 秋なのか …まあ、決めなくったっていいや。

昼に聴きすぎた、サカナクションの「夜の踊り子」が

頭の中にまわっていて、

歩調にあわせて流れっぱなしだ。

c0206767_21493295.jpg

するとほのかに潮のかおりが鼻に入ってきた。

普段は潮のかおりなんてしないこの地域にも

極々たまに、ふと運ばれてくるときがあるってことは、

私が中学生の頃に気づいた。

ぬるい風と、仄暗さと、ほのかな潮のかおり。

すべてがどっちつかずだ。

ほのかすぎる海風に吹かれてポテポテ歩く微妙な時間帯。

さみしくも、うれしくも、かなしくも、ない。

ただ、ここはどこだ?ってちょっと思う。

海か。サカナクションだからちょうどいっか。

引き続き変わらぬ歩調で夜の踊り子は進む。



車道向こうの建物の窓硝子にチラと月が映った気がした。

どの方角を見回しても空に月の姿はあらず。

けど絶対、月だ。しかもまんまる。

どうにか確かめたくてその場でひざを曲げたり、

立ち止まったり後ろ歩きをしたりして

窓ガラスに月を映してみせる。

車道からみれば移ろいゆく時刻の不審者だ。

坂道を上れば見られるはず。

先の小さな公園までつくと案の定、雲をひかえ光放つ

まんまるい月がしっかりとそこにいらっしゃった。

公園の茂みからは耳に痛いくらいの虫の声。

やっぱり 秋かぁ。

月と見合ってひとしきり満足したかわりに

月を探している時のわくわく感をなくすのはしかたがない。

さっきより夜に近づいたせいか、虫たちは大合唱を響かせる。

この甲高い虫の声が聴こえづらくなくなる歳が

くるかもしれないわけか。

悲観するでもなく、ふうん。と思う。



家に着くと、ぬるい風で揺らされた風鈴の音と、

蚊取り線香のけむりが漂っていた。

ああ やっぱり まだ夏か。

明日も暑いんだろうなー。
[PR]
by ku_blog | 2012-08-31 21:56

金沢休暇・記録 2

c0206767_163701.jpgさて後半2日で今度は”織りたいもの”を織る。


初心者が可能そうなもの、を相談しながら、

私は「おざぶカバー」にした。

めざすは、「シックな、おっさん好み」のデザイン。


「時間がないわよ」。工房一の技術をもつ先生の

気迫に押された私はものすっごい早さでデザインを決めた。

(それはもう早かったらしい)

本当は「市松模様」が作りたかったのだけど

「これで市松模様は織れますか?」
「できません」
「はいわかりました」

すべてかぶり気味の会話だったことで、

どれほど時間がないとされていたかがお察しいただけるだろう。

c0206767_16384056.jpg
糸はやはり「銀河シルク」。マフラーのそれより太いもの。

デザインが決まると、経糸の全長を計算しなければならない。

計算と聞くと頭が真っ白。ここはすべて先生にゆだねた。

間に合わなかったら…という切迫した空気が漂う工房内。

スタッフの方が親切にも”使う分の経糸巻き”の

お手伝いをしてくださったこともあり

2日目の夕方から織り機に経糸を通し始めることができた。



とにかく経糸を決めてしまえば、

緯糸は進めながらかえられるのでちょっと安心。

(迷う人はきちんとデザインを決めておいたほうがよいみたい)


c0206767_16393911.jpgおざぶ初日(3日目)でほとんど完成図が見えてきた。

カタンッ シュルルッ トントン

経(タテ)と緯(ヨコ)が交わることで

色のニュアンスが変わるのがとっても楽しい。

色が重なり、奥行きや深みがでてゆく。

いろんな色を持ち合わせていると、次にどんな色がこようと

かまわんかまわん 懐深く受け入れてもらえるようだ。

違和感があれば戻ってやりなおせるとわかって、気も楽。



一方、山本さんは飛び級モンで「ラグ」を織っている。

ラグは糸が太く織り方も違う。それにとても力がいるようす。


c0206767_1640887.jpgおや?このままでは… 私ははやくも

次の日(4日目)のお昼にはおざぶカバーを織り終えた。






カッコイイのできたぞ!

「おっさん好みの渋おざぶカバー」

落ち着いた書斎におきたいなあ。

(書斎ないけど!)
[PR]
by ku_blog | 2012-08-31 16:52 | 作ったりなんだり

金沢休暇・記録 1

c0206767_17412076.jpg今年の夏休暇は、金沢へ行ってきた。

山本さんと一緒に機織り体験合宿

自ら「手間」をかけてものを作るのが好きでも

しようと思わなければなかなかできないもの。

どのように出来上がっていくのか知りたくて。


講師の坂野さんはステキなブランケットを織る方。

今回はおもいっきり甘えてお世話になりながら

”平織りのマフラー(ラム × 銀河シルク)” と、

”織りたいもの” を、それぞれ二日間で織った。

まずはその場で初心者用の作品などを見せていただき、

ものを選んで、糸や糸の色を決めてゆく。


c0206767_1742353.jpg

今回の初体験は、織り機への「経(タテ)糸通し」。

これがツライと聞いていたので覚悟していたけど

意外や苦ではないぞ?(確かに体勢はキツい)

元々単純作業は嫌いではない。

何かができあがるまでの大切な一作業と考えれば、

ギターのワンフレーズをとまらず弾けるまで

練習するのと同じようなものだ。

それよりこんな仕組みを考えた人って、

いったいどんな頭の仕組みをしているんだろう・・・・


c0206767_17442392.jpg海から生物が生まれてどうにかなって

人間になったその脳みそがこんな機織り機を…

うおぉ、わけがわからない。ただただリスペクトだ!

無心、時々、ぼやぼや考えながら、経糸通しを終えた。



緯(ヨコ)糸は単純な「平織り」だから慣れてしまえば簡単。

2日目夕方前にはひとまず作業が終了!


c0206767_17451742.jpg端のよりより方法も教えてもらい、心は小躍り。

こういうちょっとした技を知るのも嬉しい。

よりよりしたら、あとは洗いにかけ、

よりよりの先をそろえて出来上がり。ええっと、

このよりより、なんて言うんだっけ?

名詞をおぼえぬ証拠。店の名もなかなか覚えないけど。。



夕方からは2作目へと移った。
[PR]
by ku_blog | 2012-08-28 18:02 | 作ったりなんだり

カリカリカリ

c0206767_11184773.jpg金沢の写真日記もつけよう、と思っていれば
ほらやっぱり気ぜわしくなってきた。


カリグラフィー用のペン先を買った。
米国スピードボール社製。
…使いこなせるかな。

文字を書くのは好き。
文字はいつまでもいつまでも書いていられる。
宛名書きも任せられれば、
うまいかどうかはさておき
文字にすこまれるように手が動き、
気づけばアイタタタ…痛くなるまで書く。

ボルドー色。
シックなボルドーは金、腐食色に似合う。
むかし、姉と共同出資して(させられて)
買ったnon-noの秋号が、
ボルドー色の洋服特集だった。
当時の誌面のモデルさんの多くは外国人で、
着こなしも大人っぽく
なんだか手に届かない世界。
ハンチング帽にベスト、
しっかりとしたツイードのジャケット。
様々な葡萄色ベースにモスグリーンや
鈍い青色、柿色、シナモン色などの
コーディネートがかっこよく
(すでにメンズっぽいのが好き)
大人になったら着られるのかな…
と思っていた。
そのモデルさんの髪の色はブロンズ、
淡いベージュ、栗毛。
だから素敵に見えたのかなあ。

ボルドーの秋を越えて冬用のお仕事。
はぁー急がなきゃ。 カリカリカリカリ
[PR]
by ku_blog | 2012-08-23 11:27 | お仕事

8/21 最終・第30号発売です

今年1月からウィークリーで刊行されいていました『池上彰と学ぶ 日本の総理』

第25号、26号・・・・と静かに発売していましたが、ついに第30号、最終巻が発売です。

今日はめずらしく第29号を渋谷の紀伊國屋書店で見つけました。

今号特集は「幣原喜重郎・片山哲・芦田均」の3名です。

”交友交際図”では、これが最後とばかりに大きな打ち上げ花火で締めさせていただきました。

半年以上に渡り、歴代総理やその周りの人々の似顔絵風景を描きました。
ご覧くださった皆様・スタッフの皆様の笑いや励ましの声でがんばることができました。
ありがとうございました!

日本の総理はこれからどうなっていくのでしょうか。。。
ひとりひとりがよく学び、考えて、話し合う場をもっていくことが大切なのだと思います。
[PR]
by ku_blog | 2012-08-20 22:17 | お仕事

復活。

ブログをそのままにしていましたが、また少しずつ復活しよう。てことで

クーのホームページ 更新しました。
[PR]
by ku_blog | 2012-08-20 21:42

ぬかった

海外より里帰りの友人の、こちらの連絡先を聞かぬまま休暇をとってしまったー。

私の連絡先を書き留めてなかったら、このブログ、読んでね。。。

約15年ぶりかしら。長いようだけど、はやくてみじかい。

会ったら瞬時にあのころに戻るんだろうな。人の核の部分ってそんなに変わらないもの。


ホームページからでも連絡ほしい!


そういえば新聞にのっていた モドッテコイ レンラクマツ! あれって今もあるのかな?

きっとだいじょうぶな気がするけれど ぬかりました。
[PR]
by ku_blog | 2012-08-10 11:16

夏休み終了!

帰ってまいりました。名付けて金沢機織り体験合宿の旅!休む間もなくキュウキュウにお仕事です。

7月の展示会に来て下さった方々、お世話になった方々への御礼は少しずつ・・・・・(すみません!)

7日ぶりの庭の茄子、おっっきな子を1つ収穫できました。控え茄子もぽこぽこなっております。(←2苗しかない)

がしかし。水やりは頼めても、世話までは頼めず。テントウムシダマシが大量発生していた。実には這って喰われた跡。

そのくらいならよいけれど、葉はもさもさ。葉裏のタマゴチェックも放っておかれた葉は喰われ跡、幼虫。涙。

ざざざと剪定したものの、テントウムシダマシだらけのありさまよ。ごめんなさいして急いで駆除したのでありました。

あと何個、お茄子が食べられるだろうー

金沢でいただいた採りたてお茄子やトマト、キュウリはとっても力強くて美味しかったなあ!お野菜は自家製。

工夫と知恵に満ちた生活。豊かに暮らしてらっしゃる姿に尊敬と憧れを抱きました。本当に素敵な方たちばかり!

今はありがたくお仕事をしてがんばろう。フンフン!
[PR]
by ku_blog | 2012-08-07 19:31