絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

土曜スペシャル

c0206767_22425581.jpg




ここか・・・



なんと清々しい、緑のパラダイスだろうか!

我々はついに噂のカタバミジャングルへ到達した。
c0206767_22434015.jpg




そして上空40センチを飛ぶと

目下には可愛いらしい胡麻斑模様群が立ち並ぶー!










お仕事しなきゃね。
すごすご。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-31 22:46

パーテー

c0206767_045798.jpg「ある林を抜けたところに
見たこともない小さな小さな小屋があってなあ
なにやらいい匂いがただようてくるのじゃ
なんといったらええか…
ずいぶん昔にふわりとかいだことのあるような
なーんともいえん…
頭のテッペンから足の先っチョまでが美味しいぞーて
わしゃ も〜うガマンできんでなあ
ふりゃふりゃふりゃー と
誘われるようにしてその小屋へ入っていったんじゃよ」


なーんて昔話をおじいさんから聞いてみたい。

Nちゃんに連れて行ってもらった奥沢のパテ屋。
香りこそしてはきませんが、
上品なおばあさまのスペシャルトークにお口の中が…!

新たな夢 パテパーテー パテパーテー パテパーテー!
歌って踊ってしまいそうだ。
なぜか今はヨーデル。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-31 00:15

そして、ボウシ

c0206767_15523189.jpg抜けるような青。台風一過の空。強い日差しに面食らう。

近所へのやぼ用へと、帽子をかぶり
ザワザワかさなる音の中へ出かけた。
帰り道、気もちよい風に気がゆるんだのか 「あっ!」
帽子が瞬く間に後ろにとんでいってしまいました。
歩道を くるくるくるぅーーー(絵に描いたようだなぁ)
車道へ くるくるくるぅーーー(ああ、絵に描いたよう…)
向こうからは車がせまってきている。渡れない自分。
するとすかさず、後ろから自転車でやってきた営業風青年が
道路へとびこみ、帽子を拾い上げた。(いきなり少女漫画!!)

まぁ、少女漫画ならこの先のキュンキュンな展開があったりするのだけどここは現実世界です。
御礼を告げると、青年はそのまま営業(たぶん)へと
むかっていきました。ありがとう、青年。
君のような人ならきっとみんな保険(たぶん)に
はいってくれるさ。青年よ、いつの日かまた…(何?)。

気持ちも晴れた台風一過。
たまに帽子をとばしてみるのもよいもんだ。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-27 16:08

ボウシ

c0206767_12385869.jpg今回も青山Dee'sHALLでの開催、
スソアキコさんの帽子展「頭にくるり」へ行って来ました。
縄文土器がモチーフになっていたり、
カチューシャタイプの新作もたくさん。しーびーれーるー。

きっかけはミヤハラさんのご厚意で「冬将軍のきのこ狩り」の
お話をウェブサイトの「スソまわりの世界」というに部分に
載せてくださったことから、ご本人にごあいさつを…と
帽子展にお伺いしたのが初めて。

数年前の展示会で購入したつば帽子を愛用させてもらってます。
今回は一目見てこれぞ!という帽子のサイズが少しあわず、
迷った末、お見送りになってしまいました。
スソさんの帽子、とにかく形が美しくて大好きなのです。
形のちょっとしたバランスとか、ユーモア感覚、チョイスされる
布地がすばらしいんです。聞くと、泣く泣く見送った帽子の布地は大屋政子さんがドレスを作りにきていたっていう布地屋さんで見つけたとか。(そこ、行きたい!)わたしは無地の洋服を選ぶ傾向があるので、ポイントになる柄帽子やビビット小物があるととっても助かるのです。あーざんねんだなあ。
そういうシブゴテもの、また作ってくれますように〜(願)。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-27 12:50 | 行った観た

もんもん。

仕事の待ち時間にまとめて更新しようということで、
もんもん。としているわけではありません。

そうそう、ジブリ美術館では、月代わりで
約15分の特別短編アニメーションを上映していて、
今回は「水グモもんもん」を見ることができた。
あの素晴らしき水グモを!小躍りしてる私とは裏腹に、
友人Tハシの反応が…あれ?うすい…。

上映中、たぶんわたしはどのこどもよりも勝る
満面の笑みで観ていたと思う。
「水グモをとりあげるなんて素晴らしいね!ジブリ!」
上映後力説するも、ついてこないTハシ…。

いやいや、すごいんですってば、水グモ。
たしかにキャラとしては、なんらカワイクもなく、
ジミかもしれないですけど
空気をわざわざ水の中に運んで運んで、
気泡を大きくしてその中にポヨンと入り込むのですよ。
そこまでして水の中に住むってねぇ!
YouTubeでもここらへんから見られるぞ。↓
Tハシもみんなも観てみて一緒に熱くなりませんか?
(クリックできないのでコピペしてくださーい。)

http://video.search.yahoo.co.jp/video/8fafee130005ef2692689a975af72797?p=Argyroneta%20aquatica&fr=top_ga1_sa&tt=c&ei=UTF-8&from=srp&rkf=1&r=1


c0206767_19131133.jpg
[PR]
by ku_blog | 2009-10-22 19:18 | 生きもの

みずくさい

c0206767_18312232.jpgついに念願の三鷹の森ジブリ美術館 へ。この秋晴れに入・館!

誰々が◯◯を作ったって話を聞いたり、数年前にわたしも造形物制作のお手伝いアルバイトをさせてもらったこともあって(造形屋さんに骨をうずめることを考えないではなかったくらい好きなのだ)、すごく興味深々だったのだけど、行きそびれていた。
ひとりジブリは始終ニヤニヤしてしまいそうで気が引けていた。
予約制というのもネックだったし、なにしろジブリ美術館へ行きたい人、いないもんなぁ…と、なんとなく誘いづらかったのだ。

で。  すンばらしいじゃないですか!!楽しい!
館内すべての作りがワクワクするようこと細かに考えられてる!
あっというまに3時間経っておった・・・。
造形屋さんのお手伝いまたしたくなりました。何か私に80番からヤスラセテください。あぁ、でも本業が…!葛藤。

その後周囲にジブリ美術館の話をもちだすと、
「行ったことない。けど行きたーい!」という声ばかり。
なーんだ意外とみんな実は行きたかったんだ。みずくさいぞ。

あ、でも、もっと体使って遊べるのかと思ってました。
大人ネコバスってないですか? いいな、こどもは遊べて。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-22 18:43 | 行った観た

秘密の花園へ

c0206767_17442626.jpgc0206767_17444947.jpg
c0206767_1745097.jpg青山スパイラルで始まっているマーダーポーレンの展示会へ
おじゃましてきた。相変わらずの大盛況ですね、
本当のおじゃまにならないようパチリ。
「秘密の花園」からインスピレーションをうけたという、
2010ss collection「GARDEN」。
真ん中の脚立にかけてあるケイトウは魂のこもった首巻きのよう。
初日と色が変わってきちゃったとのことだったけど、
毒毒しさ健在。時とともに枯れてゆく様もすてきだ。

話それて、わたくしアンティークの脚立が好きでして…。
ペルシャ絨毯についで憧れるアイテムのうちのひとつです。
10年来大好きなお店アウトオブスタイル でも
いい脚立たちをことごとく見送ってきました。
こういう心のわき上がりはどこからくるんだろうか。
ぐっとくるものに確かな理由なんてなくていいんです。
「ボッティチェリの聖母マリアはなんとも言えない微笑みがいい!」っていう小学生男子だって
いるんですから。(すごいな君…)

で、ブレスをひとついただくことに。赤いクリスタル系の華やかものと、琥珀や黒白パールの渋いもの
2つをチョイスしてマーダーさんに見せる。「どっちが・・」最後まで言わないうちに「渋い」ほうを
指差した。はは、そうだよね。聞くまでもない。

今回作らせていただいたDMも好評とのことで一安心です。ほ。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-22 18:00 | 行った観た

(続き)ミ〜、ミ~~~、、、

c0206767_13242431.jpg





ミ~~~、、 やっぱり「ミカン」!



初もののミカン、
おひとつ 2,100円もしました。
ヒーーーーー!!

なーわーきゃーない。



c0206767_1325214.jpgパカリ。






朱肉でしたー。


南部(岩手県)の鋳物です。ずっしり重い。
で、箱もかわいい。朱肉入りって。

c0206767_13253678.jpg


他には「柿」と「かぼちゃ」のラインナップ。
あ!どれも中身が朱色でもおかしくないものばかり!
って、気づくのおそいか。

これでじゃんじゃん請求書に判子を押すんです。
毎度の楽しみになりそう。

えー、クライアントのみなさま、
どしどしお仕事お待ち申し上げております。
[PR]
by ku_blog | 2009-10-18 13:53 | スバラシイ

お磨き

c0206767_14582278.jpgc0206767_14583215.jpg


先日、逗子へおもむいた。
亡くなったおばあさまが大切にされていたという銀器を磨く会。
H邸に数名、満を持しての集合。ただただ、磨く。
それだけなのだけど、なんともありがたい気分。
トレー。蓋付きケース。スプーンにフォーク・・・。
お磨き前、お磨き後の写真をご覧のように、
歴然と輝きを増した銀器たち。拍手喝采であります。

その後は優雅にティータイム。
銀のお盆には、見るに美味しそうな
手作りのお菓子やパンたちが並ぶ。
一仕事終えた後のおやつって美味しいね。

おばあさまの銀器、こうして繋がれてゆくんだなあ。
そんなお手伝いをさせてもらえた幸せな午後。

磨いて磨いて~
みんな磨かれて~
[PR]
by ku_blog | 2009-10-16 15:03 | 作ったりなんだり

ブローチ

c0206767_0215872.jpg


すばらしい。すンばらしい!

昆虫ブローチ (頁のいちばん下参照)に続いて、今度は蝶。
これまた蔵前で見つけました。

シンプルなワンピースへのワンポイントにも素敵だし、
カラフルでもシックでも、バッグにつけたらかわいい!

これが印刷なし・無地のまま売っていたらいいでしょうね。
そうすれば自由にペイントしたら楽しいし、
わんさかスプレー塗装して、ディスプレイ素材にもなる?!
う~いろいろ変幻自在に使えそう!

これからバラして何名様かへ配りまーす。
さ~てさて、蝶が飛んでゆくラッキーさんは誰だ?!
[PR]
by ku_blog | 2009-10-14 00:23 | スバラシイ