絵ゴコロと笑ゴコロの。クーのブログ

カテゴリ:行った観た( 72 )

お仕事で会津若松へ その4

会津若松に着いてすぐ丸一日ペイント作業。
翌日の展示会初日、ざざっと1日、会津観光をすることができました。

朝から鶴ヶ城さんぽ、七日町通りに繰出したり、アルテマイスターショールームを見学したり。
お昼には車でやってきた友人と合流し、町の荒物屋、さざえ堂 に 味噌田楽。
ちょっととばして べこの乳 でソフトクリーム。帰り際には馬刺で一杯!

3月末はまだ雪も残っていて寒かったけど、やはり城下町だ!蔵の残る街並は雰囲気がよい!そしてお菓子が美味しい!

みなさんのお世話になった、おかげさまの会津。またゆっくりいきたいです。



c0206767_11492581.jpg
かっこいい!石造りの建築物 今はスポーツ用品店


c0206767_11321111.jpg
満田屋のみそ田楽コース
身欠きニシンのみそ田楽、これは山椒がきいてて美味しかったなあ!!






[PR]
by ku_blog | 2017-05-01 11:43 | 行った観た

2016年もよろしくお願い致します

年明け、湯たんぽも要らぬ、なんだかあったかい正月です。

年賀状をくださった方々ありがとうございました。こちらから遅れていてごめんなさい、もうしばらくで届きます!


そんな中、さっそく行ってきました「池田重子コレクション 日本のおしゃれ展」(松屋銀座にて1月18日まで)。
昨年10月、池田さんはご逝去され、追悼展示となってしまいましたが、
今回もとてもとても粋で洒落た着物のコーディネートが楽しめる展示会でした!
初めて見に行ったのが20年くらい前、というのに月日の早さを感じます…。
当時、帰ってからも図録をずうっと眺めていたなあ。
今も同様に、その洒落心にしびれてしびれて、、、、あたりが強い。最後のほうにはもうケプケプでした。

こちらはそのひとつ。「着道楽の松の内」というコーディネートの帯の部分。

c0206767_1345111.jpg


黒の帯にはウラジロと紙垂の刺繍、そこに木彫の帯留め「獅子舞頭」をもってくる合わせ技!
そもそもこの図案、意匠があることに興奮です。コレクションの多くは明治大正昭和前期の職人の技。
昔の人は凄いよ。はあ〜、私もこんな素晴らしいアイテムから選び合わせてみたいものです。

受け継がれるべき日本の洒落心、遊び心。やる気スイッチにこの胸も高鳴る1枚のポストカードを飾ろう。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ku_blog | 2016-01-05 13:53 | 行った観た

ざっと高松!

先週、半分仕事で高松へ行ってきました。

香川県へは、11年前?に友人の展示会を見に行った時と、昨年小豆島へ渡る前の経由上陸以来。
11年前は電車で行ってます。駅はずいぶんと変わったような…。でもその時感じた好い空気感はやはり変わらず、
私を浮き足立たせてくれました。前回はイサムノグチ、金比羅山、猪熊さんの美術館へ行きましたが、
今回、観光としては猪熊さん再訪と、仏生山温泉、栗林公園へ。
お宿は街中に新しくできたというゲストハウスを紹介してもらいました。
移動には、主要駅で借りられるレンタサイクルがおすすめ、ということで、朝うどんを求めて早朝から走り回りました。
さすが城下町は平らですいすい行けるなあ!自転車人口も本当に多くて、平日の出勤時間は自転車だらけだそうです。

朝7時から行った栗林公園は当時の讃岐国高松藩の別邸。庭は現世・極楽浄土など仏の世界を表現した場所から始まり、広げていったそうです。そして時代を重ね、建物は北斗七星の配置を模したり、水路のある山側に人口の滝を作ったり(殿様が船遊びをする際に水を落とすのだそう…贅沢!)。

c0206767_11595782.jpg


以前は邸宅を囲んでいたという「箱松」の枝ぶりにも職人の誇り・美意識の高さを感じます。
富士に見立てた小高い山から望む、池や山々はとても美しく、素晴らしい眺めでした。
しかしこの敷地の広さったら!国の特別名勝に指定されている庭園の中で最大だそうです。

c0206767_1203520.jpg

c0206767_1205259.jpg


そうそう、予約をすれば、池の景色を楽しみながら朝7時から朝粥などをいただけるという小屋があります。

◎花園亭 http://hanazonotei.web.fc2.com/index.html

朝うどんもいいけど、こちらも風流ですなあ。 次回に!




c0206767_121755.jpg


一番釘付けとなった、赤と緑の対比が美しい、吹出しの苔石
[PR]
by ku_blog | 2015-12-22 12:11 | 行った観た

伊藤彩子ちゃんのガラス

こちらもまだ暑かった、9月下旬、AZABU JUBAN GALLERYの写真。
DMをデザインさせてもらった、大学時の同級生である伊藤彩子ちゃんのガラス展へ行ってきたのでした。

c0206767_17303413.jpg


小さくてよく見えないかもしれないけれど、
ホルスタインなグラス、正座してる花瓶、柄が裸ネクタイのグラスだったり、
他にもグラスの中に覆面レスラーの顔が入っていたり、裸エプロングラス、あぐらグラス、、、
人を楽しませてくれるところが彩ちゃんの持ち味。

もちろんスタンダードで精巧なガラス器を作る技術が高いからこそできるのであって、
ガラスを吹ける人、皆が皆できるものではないのだ。そして作りたいから作る。アーティスト!
完成度の高いバカバカしさ。これぞ最高の褒め言葉です。

もっといろんな人が見られる機会、きっかけ があるといいなあ!
[PR]
by ku_blog | 2015-10-28 17:31 | 行った観た

立石で手ぬぐい

初・立石駅下車。 東京和晒創造館手拭い展を見に行った。(要予約)

うわさによればディープな街、立石。ということで、せっかくなら「らしい」店でお昼ご飯をいただきたい。
すぐ見つけたのが、駅の隣、立食い寿司の店。開店前から並んでる!運良くすぐに入れた。
板さんが3人。いい顔してます。箸はなし。さあ、どうする?初・立食い寿司。
赤貝、みる貝、えんがわ、しま鰺、鯛昆〆。貝、美味しい!
まずは大満足の立石。お代を払い、約束の時間に向け、周囲を散策。昭和感たっぷりのいい商店街です。
再開発の話があがっているそうで、反対の旗があちらこちらに立っていた。
また同じ様なビルが立って、同じ様なテナントが入り、そして同じ様な人々が集まり、そして、
従来あった街の価値がなくなってしまう、、、、個性的な店舗を残しつつ変えていってほしいです。


そして目的地、東京和晒創造館へ。
豊田さんという方の約1万枚の手拭いコレクションの中から、今回は
東京から北の地域の「おみやげ手拭い」が200点以上。
昭和の頃には、旅館などで配られていたそうです。
なので県や地域の名が入っているのも特徴。文字と絵の組み合わせが大好きな私にはたまらない。。
これは「細川」という、贅沢にも2版使う技法で染められていて、今頼んでもお高くなるもの。

c0206767_1154476.jpg


おみやげ手拭いは、手元で小さく畳んで楽しむ模様手拭いと違って、風景であることが多く、
構図が肝であり、そこに楽しさがあります。どちらがいいかはそれぞれの好み。
こういう余白を活かしたデザインもしてみたいものです。
[PR]
by ku_blog | 2015-06-18 11:16 | 行った観た

マーダースモーク

絶賛開催中、マーダーポーレンさんの松屋展示へ、初日に行ってきたんだった。

c0206767_15225053.jpg

今回はふつうのお客、ファンとして、ディスプレイやアクセサリー、DMやおまけを楽しみに。
迫力あるアフロスモークツリーが出来上がっていた。(写真がねぼけてますね)
右の棚使いがとっても素敵です。

毎回自分のお気に入りを探して、スタッフSさんと言い合う、ということをしています。
シンプル水晶のネックレスと、石を合わせてマーガレットのように形づくられたパーツに
イエローグリーン色の二重ネックレスがかわいかったなあ。

そんなこんな言っているうちに商品はお買い上げされ、
入れ替わりに新作がどんどんでてくるのだから、いつ行っても素敵なものに出会えます。
松屋銀座1Fにて〜25日まで!
[PR]
by ku_blog | 2015-06-16 15:24 | 行った観た

タブラマンがやって来た!

今年発売されたユザーンさんのアルバムジャケットのお仕事をさせていただいて、
(リアルタッチのユザーンがビヨーンと出てくるアレ←買って封を開けた人でないとわからない…)
その中の曲のPVが完成した!という記念ライブに
みやはらさんとようこさんと行かせてもらいました。

約50人がベンダワオに集結。
ユザーンとKAKATOのお二人(環ROY×鎮座DOPENESS)との、即興、タブラ&ラップライブ。
即興のラップは毒がきいてて、力が抜けてておっかしい!終始笑いっぱなしでした。
なんだか坊さんの説法のようでもあるし、全国行脚で人を救うね!

ライブの途中では本物のヤマト運輸の人が入ってきて、
届け物はなんだと思ったらタブラハンマー。
すると今度はタブラマンが入ってきた!抱擁するユザーンとタブラマン!
興奮してますが、私はタブラマンが大好きなのです。
参照→https://www.youtube.com/watch?v=QgI_l7D51hY

みんな!いい子にしないとタブラにされちまうぞー!!!

c0206767_1248885.jpg

これこれ、ベンダワオの福山くんが作った自転車の前部。
アルバムジャケットでユザーンさんが乗っているアレ。=私が写真を元に描いたアレ。
すごいなあ!こうなってたんだ、この構造体!!難しくてわかんないよ!
原画を渡したら喜んでもらってくれてはあよかった。

完成したPV→https://www.youtube.com/watch?v=xSdHgO6XWio
[PR]
by ku_blog | 2015-06-16 12:52 | 行った観た

船上 LIVE

雨の日の出桟橋から、水上バス「JICOO」に乗ったのでした。

この日は、CDジャケットのイラストを描かせていただいた bini cocotte さんの船上ライブ。
8時出航でお台場までを3往復(演奏は片道ずつ)。乗降自由です。
私たちはもちろん全部聴きたいから乗りっぱなしなのです。

前回は揺れに弱い友人が船酔いしてしまったので、1往復で撤退。今回はリベンジ!
c0206767_13554192.jpg


cocoさんの気持ちのよい歌声と、斉藤さんのしびれるギターで、夜の東京湾をゆるりと回遊しました。

エイミーワインハウス、ビートルズ、
ジョージア、テネシーワルツ、、、、などなどなど(合ってるかな?) ぜんぶぜんぶ聴き慣れた選曲で、
しかもcocoさんアレンジされてる。かっこいい。。

cocoさんの吹いていた楽器、「カズー」が欲しくなってしまいました。
でもこれって、自分鼻歌が音になるわけで、、ノリがジャジーでないとなかなか難しそうだ!
[PR]
by ku_blog | 2015-05-31 13:59 | 行った観た

虫さん

雪山を望む湯湧の山籠りから帰って、東京の花粉はすごいなあ、と思っていたら風邪だった。
そうとは気づかず、月末に控えている集中仕事の前にと、動き回ってしまい、床に伏したのだった。

西日暮里から歩いて坂を登ったところにある「ファーブル昆虫館」へ行って来た。
c0206767_138383.jpg

予想外の団体客が去るのを待ち、ゆっくりと虫さんの標本を堪能。
それほど展示数はないので、遥々ここだけに来るのはオススメしないけれど、じゅうぶん楽しめる。

マイクロプレゼンスの「象虫」や「葉虫」の写真集を見た事のある人ならおわかりでしょう、
あの写真をもっともっと引き延ばして細部まで大きく見られる!という装置がここにだけあります。
c0206767_13215962.jpg

(うわあ!!これは!!)と静かに興奮している大人に、
「神さまはこんな小さなところまでデザインされているんですよね」とスタッフのおじさん。
そうそう、実は毛が生えていたり、人間と比率が違うだけ。どこまでも機能があって、ヘンテコであって、それでいい。
すばらしいなあ。なんて造形だろう。

お母さんと来館し、興奮していた男の子がいた。カタカナの名前をすぐ覚えるそうだ(←うらやましい)。
そうしてこれからももっともっと何かを発見しておくれ。
[PR]
by ku_blog | 2015-03-16 13:29 | 行った観た

シブヤで

「ロベール・クートラス」展 と、「バンクス花譜集」展 をはしごしたのさ。

c0206767_21325918.jpg



多肉はなかったけどね。
[PR]
by ku_blog | 2015-02-19 21:33 | 行った観た